ポニーキャニオン
演劇作品
DVD/CD情報

ナイロン100℃ ケラリーノ・サンドロヴィッチ 関連作品

2016.4.6 Release

KERA・MAP#006「グッドバイ」

KERA・MAP#006「グッドバイ」
太宰治未完の遺作にケラが挑む  2016年読売演劇大賞受賞!!

2016年読売演劇大賞
最優秀作品賞「グッドバイ」
最優秀女優賞 小池栄子
優秀演出家賞 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
受賞コメントはこちら⇒

PCBE.54055 ¥6,190(本体)+税 DVD

KERAが今回挑むのは、太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」。
ヘナチョコな色男田島と怪力傲慢な美女キヌ子。 そして田島を取り巻く幾多の愛人たち。 太宰が最後に残したユーモラスな仕掛けを元に 軽妙洒脱・荒唐無稽なラブコメディを描く!

昭和23年、小説「グッド・バイ」は、太宰治が新聞連載を予定し13回分まで書 いた時点で入水自殺を遂げ、絶筆となった。
田舎に妻子を残し単身東京に暮らす男・田島周二は、雑誌編集者という体裁の 裏で闇商売でしこたま儲け、はたまた何人もの愛人を抱えているという不埒な 男。しかし一転、妻子を呼び寄せ闇商売から足を洗い、真面目に生きようと愛人 たちと別れる決心をする。田島が愛人と別れるため手を組む美女・キヌ子、彼の多くの愛人たち、そして 彼らを取り巻く人々をKERAが新たな視点で描き出す。

KERA・MAP#006「グッドバイ」
KERA・MAP#006「グッドバイ」
KERA・MAP#006「グッドバイ」
KERA・MAP#006「グッドバイ」

原作:太宰 治(「グッド・バイ」)
脚本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:仲村トオル 小池栄子・水野美紀 夏帆 門脇 麦 町田マリー 緒川たまき・萩原聖人 池谷のぶえ 野間口 徹 山崎 一

【特典】副音声コメンタリー(ケラリーノ・サンドロヴィッチ×仲村トオル×小池栄子)
東京公演  2015年9月12日(土)~9月27日(日)世田谷パブリック シアター
北九州公演 2015年10月3日(土)・4日(日)北九州芸術劇場 中劇場
新潟公演  2015年10月7日(水)りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会 館 劇場
大阪公演  2015年10月10日(土)・11日(日)シアターBRAVA!
松本公演  2015年10月14日(水)まつもと市民芸術館 主ホール
横浜公演  2015年10月17日(土)・18日(日)KAAT神奈川芸術劇場 ホール
収録日:2015年9月16日(水)世田谷パブリックシアター
収録時間:本編 172分

祝 2016年読売演劇大賞受賞決定!!
最優秀作品賞「グッドバイ」
最優秀女優賞 小池栄子
優秀演出家賞 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
受賞コメント
ケラリーノ・サンドロヴィッチ

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
“作品賞”というのは、舞台を作り上げてきた全員に対して頂けたものだという意味で一番嬉しい賞です。 このような何の教訓もない純コメディに最優秀作品賞を与えて頂いたというのもあまり無いことだと思うので、そういった作品を評価して頂いたこともありがたく感じています。 ハッピーな作品だからということも手伝って、キャストもとにかく皆前向きで、稽古場から非常に雰囲気が良かったことを覚えています。特に最優秀女優賞を受賞された小池栄子さんには、稽古中から圧倒されていました。 DVDでは、劇場でわからなかった表情や細かい芝居に気づいて頂けると思います。また、初めてこの作品に触れる方にはあまり先入観なく楽しんで頂きたいので、作り手としては太宰治の原作は後で読んで比べてもらえると面白いかなと思います。

仲村トオルさん
『グッドバイ』のポスターをまだ自分の部屋に貼ってあるのですが、見る度にドリームチームだったなあ、夢のような日々だったなあと思っています。
でも、やはり公演が終わってしまうとみんなと一緒にいた空気感、舞台上にあった雰囲気とかは自分の手の中からなくなってしまいます。しかし、最優秀作品賞として評価していただけたことで、それを言葉と形で残してもらえたのが、とても嬉しいです。

小池栄子さん
本当にKERA(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)さん、共演者、スタッフの皆様にただただ感謝です。
作品全体もそうなのですが、キヌ子という役自体も稽古場での先輩方のアドバイスを頂きながら作っていったので、全員でとった賞だと思います。
チームワークがとても良く、みんな真摯にこの作品に向き合っていました。本当に仲が良くて、終わってからも「グッドバイ会」を開き、食事をしたりしています。私のこれからの人生において欠かせない人達との出会いでした。

2015.05.20 Release

ナイロン100℃ 42nd SESSION「社長吸血記」

「社長吸血記」

ナイロン100℃流、サスペンス×ナンセンスの波状攻撃。ブラック企業社長失踪事件の真実に探偵はたどり着けるのか。鍵を握るのは謎のメッセージ──「今日は集合の日だ」。

PCBE.54052 ¥6,190(本体)+税 DVD (C)2015 CUBE

とあるビルディングに入る会社で起きた社長失踪事件。室長の目崎(三宅弘城)、黛(大倉孝二)、その妹ミミ(鈴木杏)、若手の道下(岩崎う大)ら社員たちは社長の身を案じつつも、昼下がりのビルの屋上でのんきに過ごしている。刑事の森(みのすけ)もおざなりな捜査をするだけだ。会社は老人を狙ってあこぎな商売をしているようで、担当官マリィ(犬山イヌコ)のもと、若手の毛利(槙尾ユウスケ)やベテランのメイコ(村岡希美)ら社員が参加してシミュレーション演習が行われている。
失踪事件解決の依頼を受けた良い探偵(山内圭哉)は、独自に調査を開始。どうやら隣のビルに住む男・曲(山内/2役)が何か関係しているようだ。かすかに漏れ聞こえてくるのは「今日は集合の日だ」という謎の声。その部屋にはミミや、関西弁の女マサヨ(峯村リエ)が出入りしていた。
一方、人の気配がなくなったビルの屋上に、どこからともなく男女が集まってくる。辻(三宅)、平井(みのすけ)、大田黒(大倉)、千津(峯村)、市子(犬山)、春奈(村岡/以上2役)の6人は、以前この会社で働いていたらしい。社長の行方は明らかになるのか。そしてビルの屋上になぜ男女が集められたのか──。

東京公演 2014年9月26日(金)~10月19日(日)下北沢 本多劇場
北九州公演 2014年10月25日(土)・26日(日)北九州芸術劇場 中劇場
大阪公演 2014年10月28日(火)・29日(水)梅田劇術劇場 シアター・ドラマシティ
新潟公演 2014年11月1日(土)・2日(日)りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場
収録日 2014年10月9日(木) 下北沢 本多劇場

作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演 三宅弘城 大倉孝二 みのすけ 喜安浩平/犬山イヌコ 峯村リエ 村岡希美 皆戸麻衣 水野小論 猪俣三四郎 小園茉奈 大石将弘/鈴木 杏 岩崎う大( かもめんたる)  槙尾ユウスケ( かもめんたる) 山内圭哉

ナイロン100℃ 42nd SESSION「社長吸血記」
ナイロン100℃ 42nd SESSION「社長吸血記」
ナイロン100℃ 42nd SESSION「社長吸血記」

2015.01.21 Release

ナイロン100℃ 41th SESSION「パン屋文六の思案~続・岸田國士一幕劇コレクション~」

「パン屋文六の思案~続・岸田國士一幕劇コレクション~」

日本現代演劇の父、岸田國士の短編8作品をポップに再構築し、大好評を博した「犬は鎖につなぐべからず」から7年。ナイロン100℃が再び岸田名作群のコラージュに挑みます。前作に引き続き、着物監修にモダン着物のカリスマ・豆千代女史を、振付には脱力ダンスの名手・井手茂太(イデビアン・クルー)をお招きします。円形劇場を縦横無尽に駆け巡るパノラミックな和装劇。

PCBE.54050 ¥6,190(本体)+税 DVD2枚組 (C)2014 CUBE

実直なパン屋一家(志賀廣太郎、長田奈麻、新谷真弓、森田甘路)を予期せぬ出来事が次々襲い、茶の間がいきなり怒濤のSF的展開へ突入する表題作『麺麭屋文六の思案』と続編『遂に「知らん」文六』。無邪気な子供たちの歌声が響く学園で、大人たちの愛憎劇が繰り広げられる『ママ先生とその夫』は、姉さん女房(松永玲子)と年下夫(萩原聖人)という年の差夫婦に、若い女教師(小野ゆり子)と金持ち未亡人(村岡希美)の思惑が絡み合う。愛さえあれば幸せなはずなのに、なぜが涙がでちゃう若夫婦(みのすけ、村岡希美)。そんな時の憂さ晴らしに『かんしゃく玉』はいかが? 結婚7年目の倦怠期を乗り越えるべく、とある手段で夫婦(廣川三憲、緒川たまき)が互いを見つめ直す『世帯休業』。友達以上恋人未満なんてうそぶいているうちに本当の愛がすり抜けてしまう『恋愛恐怖病』(植本 潤、緒川たまき)は、自分に素直になれない恋愛ベタの心をかき乱すこと必至。態度がでかすぎる居候(みのすけ)と、のんきすぎる大家(藤田秀世)に軽い殺意を覚える『長閑なる反目』は、あなたの忍耐力を試すのに最適だ。

公演期間:2014年4月10日(木)~5月3日(土・祝) 青山円形劇場
収録日:2014年4月23日 青山円形劇

作:岸田國士 潤色・構成・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:みのすけ 松永玲子 村岡希美 長田奈麻 新谷真弓 安澤千草 廣川三憲 藤田秀世 吉増裕士 眼 鏡太郎/猪俣三四郎 木乃江祐希/萩原聖人 緒川たまき 植本 潤 小野ゆり子 志賀廣太郎

「パン屋文六の思案~続・岸田國士一幕劇コレクション~」
「パン屋文六の思案~続・岸田國士一幕劇コレクション~」

2014.06.18 Release

ナイロン100℃ side SESSION#12「ゴドーは待たれながら」

ナイロン100℃ side SESSION#12「ゴドーは待たれながら」

サミュエル・ベケットの20世紀を代表する戯曲「ゴドーを待ちながら」を下敷きに、待たれている男の一人芝居を描いた、いとうせいこうの92年の傑作「ゴドーは待たれながら」。KERAが10年以上にわたり大倉を口説き、この伝説の舞台が蘇りました。 本作品にゴドー以外の人物として唯一登場する「声」役は、芸劇の芸術監督でもある野田秀樹。いとう×KERA×大倉×野田の最強の布陣でお届けする ナイロン100℃結成20周年記念企画第二弾。(2013年作品)

PCBE.54048 ¥7,429(本体)+税 DVD

★特典映像
〈アフタートーク収録〉出演:いとうせいこう、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、大倉孝二※大阪公演のみ、1992年の初演に出演した、きたろうがアフタートークに参加!
・4/9(火)東京公演・4/21(日)大阪公演(1992年、きたろうの初演時舞台映像ダイジェスト収録)・4/25(木)名古屋公演〈バックステージダイジェスト〉

◎公演日程【東京公演】 2013年4月6日(土)~14日(日)/東京芸術劇場 シアターイースト(4月5日(金)プレビュー公演)【大阪公演】 2013年4月21日(日)~23日(火)/ABCホール【名古屋公演】 2013年4月25日(木)/テレピアホール 【仙台公演】 2013年5月1日(水)/仙台市民会館 小ホール【盛岡公演】 2013年5月3日(金・祝)/盛岡劇場 メインホール【水戸公演】 2013年5月4日(土)・5日(日)/水戸芸術館ACM劇場 ◎収録日 2013年4月9日 東京芸術劇場

作 いとうせいこう
演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演 大倉孝二
声 野田秀樹

2014.06.18 Release

NYLON100℃ 32nd SESSION 15years Anniversary「シャープさんフラットさん」

「シャープさんフラットさん」

ナイロン100℃結成15周年記念公演! 「笑いと人生」に材をとったパラノイアックでシビアな物語?!ケラリーノ・サンドロヴィッチの「半自伝的」な作品・・・どこが事実でどこが創作なのか!(2008年作品)同じ演目を同じセットで演じつつ、演出や結末は全く異なるホワイトチームとブラックチームの2バージョン。

PCBE.54049 ¥7,429(本体)+税 DVD3枚組

バブル経済が崩壊へ向かい始める1990年代初頭。笑いを作ることに人生を賭ける男・辻煙(三宅弘城・大倉孝二)はあるトラブルをきっかけにサナトリウムに逃げ込んだ。辻の恋人(新谷真弓・小池栄子)やサナトリウムで暮らす元芸人(松永玲子・峯村リエ、廣川三憲・住田隆)、辻の幻想に登場する父(河原雅彦・マギー)らとのやりとりを通じて、悲劇を喜劇に変換して人生を過ごしてきた劇作家の生き様が浮かびあがってくるー。

特典映像収録内容
●出演者座談会
(1)三宅弘城×大倉孝二×新谷真弓×小池栄子×河原雅彦×マギー
(2)廣川三憲×住田隆×清水宏×みのすけ×六角慎司×植木夏十
(3)村岡希美×犬山イヌコ×松永玲子×峯村リエ×佐藤江梨子×坂井真紀
●ケラリーノ・サンドロヴィッチ インタビュー
【出演者コメンタリー】
ブラックチーム:大倉孝二×犬山イヌコ×マギー
ホワイトチーム:三宅弘城×村岡希美×河原雅彦

作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演
ホワイトチーム:三宅弘城、松永玲子、村岡希美、廣川三憲、新谷真弓、安澤千草、藤田秀世、吉増裕士、皆戸麻衣、杉山薫、眼鏡太郎、大倉孝二/佐藤江梨子、清水宏、六角慎司、河原雅彦
ブラックチーム:大倉孝二、犬山イヌコ、みのすけ、峯村リエ、長田奈麻、植木夏十、喜安浩平、大山鎬則、廻飛雄、柚木幹斗、水野顕子(研究生)、三宅弘城/小池栄子、坂井真紀、住田隆、マギー

2014.06.18 Release

祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~ KERAバージョン

祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~ KERAバージョン

幾多の人生の重なり合いから、描き出される世界の終わり。ケラリーノ・サンドロヴィッチが贈る、渾身のブラックファンタジー!蜷川幸雄との演出対決でも話題を呼んだ舞台がついにDVD化。佐々木敦・藤谷浩二劇評掲載の12Pブックレット封入。

PCBE.54041 ¥6,500(本体)+税 DVD2枚組 発売元:株式会社キューブ 販売元:ポニーキャニオン

過去なのか未来なのか定かではない、架空の国に属する架空の町、ウィルヴィル。海と火山に囲まれたこの町は、ドン・ガラス・エイモス(生瀬勝久)に支配されていた。父のドン・ナイフから権力を受け継いだガラスは、執事長のヤルゲン(大鷹明良)とアリスト(マギー)・メメ(犬山イヌコ)の使用人夫婦が伝える巨大な邸宅に、母ジャムジャムジャーラ(木野花/二役)、長女バララ(久世星佳)、次女テン(緒川たまき)、三女マチケ(安倍なつみ)、後妻のエレミヤ(峯村リエ)と暮らしている。以前から、長女のバララは教会の酔いどれ司祭グンナル(西岡・馬)と相思相愛だったが、次女のテンも謎の密航者(丸山智己)との恋に落ちる。そして三女のマチケは、ジャムジャムジャーラの妹、ドンドンダーラ(木野花/二役) の孫トビーアス(小出恵介)に思いを寄せ、彼はパブロとエイモス家に加わる。そのパブロは仕立屋ローケ(三上市朗)の娘レティーシャ(夏帆)に一目惚れする。また、ガラスの後妻エレミヤもまた、トビーアスとパブロの恩師で、実は地下組織のリーダー、ペラーヨ(池田成志)と密通していたのだった。複雑に絡み合う人々。そこに錬金術師ダンダブール(山西惇)とその助手パキオテ(大倉孝二)が街を訪れて、事態は動き始める――。

【東京公演】2012年12月9日(日)~30日(日) Bunkamura シアターコクーン
【大阪公演】2013年1月11日(金)~14(月・祝) イオン化粧品 シアターBRAVA!

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ/音楽:パスカルズ
出演:生瀬勝久、小出恵介、丸山智己、安倍なつみ、大倉孝二、緒川たまき、大鷹明良、マギー、近藤公園、夏帆、三上市朗、久保酎吉、峯村リエ、犬山イヌコ、山西惇、池田成志、久世星佳、木野花、西岡德馬

PageTop